様々な才能を伸ばそう

ケガなどをしないように

体力がないと、すぐ病気になってしまいます。
病気になると、学校を休まなければいけません。
しかし授業は、1人の子供に合わせてくれないので、病気が治って学校に行くと、授業がかなり進んでいるかもしれません。
その時点で内容を理解できず、勉強が進まなくなってしまいます。
幼児期から、身体を動かす習い事をさせましょう。

すると体力がつくので、病気になりにくいです。
また身体を動かすことで骨も丈夫になり、転んでも折れにくくなります。
ケガもしないで、安全な学校生活を送れると思います。
あまりにも体力がないと、体育の授業が辛く感じてしまうでしょう。
幼児期から、身体を動かす習慣をつけることが重要です。
得意なスポーツに、挑戦させましょう。

芸術関係の習い事

幼児期から音楽や絵画など、芸術関係の習い事をさせることで才能を伸ばせます。
小学校に入学すると、音楽や図工の授業で活躍できるでしょう。
図工は、優秀な作品がいくつか選ばれて、コンクールに出品されます。
何度も選ばれて、コンクールの常連になれるかもしれません。
絵が得意な子供でも、幼児期にきちんと習ったかによって才能の伸び具合が変わります。

小学校で図工の授業を受けるだけでは足りないので、才能をスムーズに伸ばすことができないでしょう。
幼児期から習い事をしていれば、想像力や表現力をすでに持っているので、自分のイメージ通りの作品をすぐ完成させることができるはずです。
重要なのは、小さいころから基本を学ぶことだと覚えおきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ